SDGsのゴール15をご存知ですか

SDGsやCSV経営を大阪や兵庫県など関西で導入を検討している経営者に向けたブログです。

こんにちは、志経営アドバイザーでジリリータジャパン代表の鹿島清人です。

今回はゴール15です。ゴール15は、陸の豊かさも守ろう、です。

陸の生態系を保護・回復するとともに持続可能な利用を推進し、持続可能な森林管理を行い、砂漠化を食い止め、土地劣化を阻止・回復し、生物多様性の損失を止める、ことが目標です。

ゴール15には12のターゲットがあります。

15.01 森や野原、川や湖の生態系を保全し、回復させよう
15.02 森林の劣化と減少を止め、豊かな森を未来に
15.03 砂漠化を食い止め、劣化した土地を回復させよう
15.04 めぐみゆたかな山の生態系を守ろう
15.05 多様な生物とその住処を保護し、絶滅の危機から救おう
15.06 生物の遺伝子がもたらす利益を、公平に分け合おう
15.07 密猟や違法取引を、そろそろ撲滅しよう
15.08 外来種の侵入を防ぎ、地域の生態系を守ろう
15.09 生物多様性と豊かな生態系を維持し、私たちの暮らしに役立てよう
15.a 生物多様性と生態系を守るための資金を、もっと調達しよう
15.b 開発途上国の森林を守るために、十分なインセンティブを
15.c 密猟や違法取引に手を染めずに生活できるようにサポートしよう

(出典:朝日新聞DIDITAL SDGs 169ターゲットアイコン日本版

ゴール15は、持続可能な形で森林を管理し、劣化した土地を回復し、砂漠化対策を成功させ、自然の生息地の劣化を食い止め、生物多様性の損失に終止符を打つことに注力するものです。

これらの取組をすべて組み合わせれば、森林その他の生態系に直接依存する人々の生計を守り、生物多様性を豊かにし、これら天然資源の恩恵を将来の世代に与えることに役立つと考えられます。

(出典:農林水産省 SDGsの目標とターゲット

地球上の動植物の多くが絶滅の危機にさらされています。わたしはあまりの多さに驚きました。

その比率は、鳥類14%・哺乳類25%・両生類41%だそうです。

また、針葉樹の34%も危機にさらされています。

(出典:2019 Global Assessment Report on Biodiversity and Ecosystem Services
(生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学-政策プラットフォーム)(IPBES) )

ゴール14は海に豊かさですが、海の豊かさを実現するためには海に栄養を供給できる陸、特に森林との関係は切っても切り離せません。

ゴール14と15は一緒に進めていくゴールなのではないかと感じています。

ジリリータジャパンでは、あなたのビジネスで社会課題を解決するSDGsやCSV経営を推進することをお支援しています。

定期的に無料オンラインセミナーを開催しています。

ホームページから簡単にお申し込みいただけますので、お気軽にご参加ください。

 

 

関連記事

RELATED POST

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
MENU
セミナーへのお申込み

TEL:080-3032-3987

(月 - 金 9:00 - 18:00)カスタマーサポート