金融機関が知りたいポイントを知っていますか?

金融機関は数字しか見ていません

30年間銀行員として多くの企業経営者から業績や事業計画のご説明を頂きました。
でも、残念ですが、金融機関が知りたいポイントを外したご説明がほとんどでした。
ジリリータジャパンは、経営者の想いを金融機関に伝わるように「通訳」できるコンサルタントです。

業績を数字で説明できますか

30年間の銀行員生活で感じたことですが、経営者自ら金融機関に会社の現状を数字で説明できる経営者はざっと半分くらいでした。

自社の製品やサービスのことはほぼすべての経営者が熱く語ってくれましたが、経営を数字で把握している経営者はそれほど多くありません。

でも、資金調達するときに金融機関が知りたいのは、経営者自身がその資金を使ってどれだけリターンを獲得しようとしているかです。

計画は必ずしも達成できないかもしれませんが、金融機関は経営者がどのような根拠を持ち、実現しようとしているかを知りたいのです。

ジリリータジャパンは金融機関の知りたいポイントを押さえた事業計画作成の支援ができます。

 

 

事業計画を作っていますか

金融機関によって一番の関心事は、あなたの会社に融資をした場合、きちんと返済できるのかということです。

景気動向を無視した事業計画になっていませんか?

ジリリータジャパンは、金融機関に事業計画を説明に行く際には同行しますし、金融機関のものの考え方が理解できるので、【企業と金融機関の通訳」をすることができます。

そのため、金融機関とのコミュニケーションが円滑になり、資金調達に必要な資料作成等を最小限にすることが可能になります。

金融機関に同行します

多くのコンサルタントや支援機関は、事業計画を作ろところまでは一生懸命にやってくれますが、その計画を金融機関に説明に行く時には一緒に行ってくれないことが多いのではないでしょうか?

ジリリータジャパンは、資金調達する際には金融機関への説明に同席し、経営者と一緒に事業計画の説明をしますので、ご安心ください。

経営者の想いを金融機関に伝えていますか

普段から取引しているから、「わかってくれている」というのは勘違いです

事業計画を自分の言葉で説明できますか?
多くの企業では経理担当の役員や管理職が金融機関の窓口になっていますよね。
でも、金融機関の立場では、大切な投資計画などは経営者が説明するものだと考えています。
経営者が説明できないような計画では、金融機関に本気度は伝わりません。

「メインバンクなのにわかってくれない。」と思うことはありませんか

普段から取引をしているからという理由で、メインバンクやサブメインバンクはあなたの会社を支援してくると思っている経営者に質問です。

定期的に取引金融機関に業績を説明していますか?

決算説明だけでも経営者が行っているということでしたら、素晴らしいとおもいます。

私も銀行勤務時代に多くの決算説明を受けましたが、経営者が数字で金融機関に実績報告と、時期の計画を話せる企業は驚くほど少数でした。

事業再構築や事業承継といった数十年に一度の大きな社内イベントに関連した設備投資について、金融機関に支援要請をするのであれば、将来の計画も含めて取引金融機関ときちんと話をすべきです。

「普段から担当者が来ているから、自社のことは分かってくれている。」と安心することは危険です。

だから、金融機関と円滑なコミュニケーションが取れず、支援を得られない企業がたくさんあります。

ジリリータジャパンは、金融機関との円滑な関係構築のお手伝いが出来ます。

PAGE TOP
MENU
セミナーへのお申込み

TEL:080-3032-3987

(月 - 金 9:00 - 18:00)カスタマーサポート