CSV (Creating Shared Value )とは

SDGsを成功させるにはCSV経営導入はポイントです

CSVは、Creating Shared Valueの頭文字を取ったもので日本語では【共通価値の戦略】とも呼ばれています。

CSVという概念は、ハーバード大学のマイケル・E・ポーター教授とマーク・R・クラマー氏が2011年6月にHarvard Business Reviewに発表した論文「Creating Shared Value(共通価値の戦略)」で広く知られるようになりました。

この中でポーター教授らは、CSVを「社会のニーズや問題に取り組むことで社会的価値を創造し、同時に、経済的価値が創造されるというアプローチである」と定義しています。

また、それはCSRでもなければ、フィランソロピー(社会貢献活動)でもなく、企業が経済的に成功するための新しい手法であり、資本主義と社会の関係の再構築を促す概念であると主張しました。

別の言い方をすると、CSVとは企業がその本業のビジネスを通じて社会的問題解決と経済的利益の両立を追求し、かつ両者の間に相乗効果を生み出す、ということなのです。
一般的には、企業のビジネスが拡大すると環境や社会にへ悪影響が生じるというトレード・オフが存在すると考えられてきました。
しかし、CSVでは両者の両立、更には相互に高め合うトレード・オンの関係にすることを目指します。

SDGs (Sustainable Development Goals)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

<外務省:https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html

SDGsへの取組については、大企業や一部の中小企業は熱心に取り組んでいますが、多くの中小企業は様子見をしています。

2030年まで時間が残っているから取引先がなにか言ってきてから対応を考えよう、と思っていませんか?
SDGsの取り組み姿勢について、単に17のゴールを宣言した「なんちゃってSDGs」では取引先から認められない可能性が高くなっています。
SDGsを達成するためには、どのような社会課題をビジネスを通じて解決するのか、しかも、持続的な取り組みとするためには【利益を増やす】必要もあるのです。
かなり難しいことを求められていますよね。これを解決するためにCSVを経営の中核に据えることが求められます。
CSV経営を導入し、定着させるには数年はかかります。逆に言うと、ライバル企業よりも早くCSV経営に取組むことで差別化できると思いませんか?

3つのCSVをご存知ですか

CSVと一言でいっても、3種類のCSVがあります。

製品と市場のCSV

社会課題解決する商品/サービスの展開や貧困層・開発途上国に貢献するビジネスなどを提供すること、また企業の社会価値を定義し直すことです。

一般的に開発途上国は社会課題と顧客課題が一致することが多いと言われています。

先進国の場合、社会価値をどのように定義するかを考慮する必要があります。

バリューチェーンのCSV

社会に負荷をかけているコストと自社にとっても高くついている共通コストを下げることで、自社の利益を向上させることです。

バリューチェーンの各段階でエネルギーや資源の無駄遣いを減らすことでCO2の排出量を減らしたり、生産性向上、従業員の健康を実現します。コストが減ることで利益が増えます。この取り組みは各部署ごとにできるので、最も取り組みやすいCSVと言えます。

ビジネス環境のCSV

自社に関連するビジネスの環境を整えたり、課題を解決することで生産性を上げたり、自社の利益を向上させることです。自社だけでなく、関係する企業や組織も含めたネットワーク全体を視野に入れた取り組みです。

仕入先の抱える社会課題を解決することで、結果的に自社の生産性や収益性を向上させる、といった活動が挙げられます。最も難しいですが、成功すれば、社会に大きなインパクトを与えます。

CSVに関する3つの違いとは

当社のご提供する研修は、CSVに取組む前に3つの違いを正しく理解することから始めます

CSVとCSRの違い

社会課題と顧客課題の違い

パーパスとミッションの違い

PAGE TOP
MENU
セミナーへのお申込み

TEL:080-3032-3987

(月 - 金 9:00 - 18:00)カスタマーサポート